第88回2016年度アカデミー賞、5つのサプライズ!

現地時間2016年2月29日に開催された第88回アカデミー賞受賞発表における、5つのサプライズをご紹介します。人種問題がクローズアップされた今年のアカデミー賞でしたが、しっかりと驚きもありました。

第88回アカデミー賞、5つの予想外?

主要部門では『レヴェナント:蘇えりし者』が存在感を発揮した2016年度のアカデミー賞でしたが、各賞それぞれに見所がありました。大きなサプライズは珍しいアカデミー賞ですが、大本命と言われながらも5度目のノミネートでやっと受賞したレオナルド・ディカプリオがハイライトとなりました。

しかしそれ以外にもサプライズがありましたので、ご紹介します。

視覚効果賞、、、、『Ex Machina』

Ex machina alicia vikander

今年のアカデミー賞でほとんどの予想を覆した部門といえば、視覚効果賞ではないでしょうか。『マッドマックス/怒りのデス・ロード』、『レヴェナント:蘇えりし者』、『スターウォーズ/フォースの覚醒』という横綱クラスの大作映画がノミネートされるなか、受賞をかっさらったの日本では劇場公開もされておらず、DVDでも発売されていないアレックス・ガーランド初監督作品『Ex Machina』でした。

主演女優は『リリーのすべて』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル。そして『スターウォーズ/フォースの覚醒』で気のいいパイロットを演じたオスカー・アイザックも出演するSFスリラー。

アリシア・ヴィキャンデル演じる美しいアンドロイドとその世界観が、他にノミネートされた大作映画を押さえる結果となりました。


シルベスター・スタローン、惜しくも受賞ならず、、

NewImage

そしてゴールデン・グローブでは見事に受賞し、アカデミー賞助演男優賞にもノミネートされていたシルベスター・スタローンは、惜しくもアカデミー賞受賞とはいきませんでした。

マーク・ライランスの受賞も予想されていたのですが、「スタローンに取ってもらいたい!」という熱はアメリカのみならず日本でも広がっていたようです。


最優秀歌曲賞は、、、『スペクター』!

NewImage

アカデミー賞の隠れた見所のひとつには歌曲賞の発表があります。基本的に仲間の映画人たちがプレゼンターを務めるアカデミー賞におって歌曲賞は主に歌手が務めます。映画界以上に個性がほとばしる音楽界の人々ですから、稀に「この人が取るのかよ」という本音がぽろりと溢れることがあります。例えば『タイタニック』でセリーヌ・ディオンが受賞したときのプレゼンターだったマドンナは思わず残念そうな表情を浮かべていました(彼女はエリオット・スミスに受賞して欲しかったそうです)。

そして今年のアカデミー賞でもプレゼンターのコモンは「え!」という表情でした。てっきりとレディー・ガガとダイアン・ウォレンが受賞すると思っていたのでしょう。大方の予想もそうだったようです。

[pc] [ad#ad-pc] [/pc] [sp] [ad#ad-sp] [/sp]

最多受賞作品は『マッドマックス/怒りのデス・ロード』!

NewImage

監督賞や作品賞は取れなかったけど、2015年公開映画で最もアカデミー賞を荒稼ぎしたのは『マッドマックス/怒りのデス・ロード』です。主要賞は逃したとはいえ、技術部門では圧倒的でした。前述した視覚効果賞以外ではほぼ完全制覇なのです。

ジャンル映画というレッテルのなかでここまで奮闘したことは嬉しい驚きです。


そして作品賞は、、、『スポットライト 世紀のスクープ』

NewImage

作品賞にノミネートされた作品のなかでも最もアカデミー賞好みだったであろう映画が『スポットライト 世紀のスクープ』でした。しかし事前の予想では『レヴェナント:蘇えりし者』、『マネーショート』、そして逆転の『マッドマックス/怒りのデス・ロード』の陰に隠れていた印象で、授賞式が近づくにつれてその存在感は薄くなっていました。

それもそのはず『スポットライト 世紀のスクープ』を配給するのはインディペンデント系だったためロビー活動で競合する大手には物量では叶わなかったのです。過去にはロビー活動で作品賞を買ったと揶揄される作品もあるなど、その影響力は大きいものです。しかしそんな映画外の政治力を跳ね飛ばし『スポットライト 世紀のスクープ』が見事に作品賞を受賞。これも嬉しい驚きです。

これから日本では続々とアカデミー賞関連の映画が公開されます。受賞作以外にもノミネートされている作にも素晴らしい作品はたくさんありますので、ぜひ劇場で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です