全米Box Office(4/21〜4/23):『ワイルド・スピード ICE BREAK』が二週連続の首位獲得!

812338

4/21〜4/23の全米Box Officeは『ワイルド・スピード ICE BREAK』が3,868万ドルで二週連続の首位獲得!

ヴィン・ディーゼル主演の大人気カーアクションシリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』が先週の衝撃的なデビューに続いて、公開二週目となる週末でも3,868万ドルの興収で首位を堅持しました。

一方で超話題作の宿命とは言え、先週末との比較では60%ダウン。

それでも全米国内高周波累計で1億6,357万ドルを突破。加えて『ワイルド・スピード ICE BREAK』の人気を支える世界マーケットでも軒並み記録的な大ヒットとなり、全米を除いた世界興収は7億4,480万ドルを突破。両者を合わせると公開二週目にして9億837万ドルという驚異的な数字となります。

何もかもが規格外の『ワイルド・スピード ICE BREAK』は2017年4月28日より全国ロードショーです。

2位は『ザ・ボス・ベイビー』!

先週と変わらず2位を死守したのはドリームワークス最新アニメの『ザ・ボス・ベイビー(原題)/The Boss Baby』でした。アレック・ボールドウィンがボスのように偉そうな赤ん坊を演じる『ザ・ボス・ベイビー(原題)/The Boss Baby』は公開4週目でも1,275万ドルの講習を記録。

これで全米累計は1億3,691万ドルにまで達しました。

3位は『美女と野獣』

上位作品は先週から変動がなく、3位にはディズニー『美女と野獣』が997万ドルの興収でランクイン。

収益はモンスター級の『美女と野獣』は公開6週目で全米累計4億7,109万ドルに達し、全世界では11億ドルも突破。

日本でも絶賛公開中。

4位(初)、『Born in China』(514万ドル:累計514万ドル)

5位、『ジーサンズ はじめての強盗』(500万ドル:累計3176万ドル)

6位、『Smurfs: The Lost Village』(485万ドル:累計3387万ドル)

7位(初)、『Unforgettable』(480万ドル:累計480万ドル)

8位、『Gifted』(450万ドル:累計1071万ドル)

9位(初)、『The Promise』(406万ドル:累計406万ドル)

10位、『The Lost City of Z』(214万ドル:累計229万ドル)

ということで予想通り『ワイルド・スピード ICE BREAK』の圧勝でしたが、さすがに先週からはガウンとダウンしてしまいました。今週末にはエマ・ワトソン&トム・ハンクス共演の『The Circle』が公開されますが、ランキングはどうなるでしょうか。こちらも注目です。

<スポンサーリンク>

812338.jpg