『バットマン vs スーパーマン』が先行上映で2770万ドルという大ヒットを記録!

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が一般公開前日の先行上映(木曜日)だけで2770万ドルを記録したことが判明。これは映画史上歴代6位のロケットスタートです。

737822

賛否を巻き起こす『バットマン vs スーパーマン』が大ヒット

2016年3月25日に公開されるや否や絶賛と酷評によってその評価が真っ二つに分かれた『バットマン vs スーパーマン』ですが、興行という面から見るとひとまずは成功と言って良さそうです。

一般公開前日の夜に行われた全米での先行上映において『バットマン vs スーパーマン』は2770万ドルを稼いがことが判明し、『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』の2660万ドルを上回り、歴代6位という大ヒットを記録しました。公開前は盛り上がりに欠け、『アベンジャーズ』には敵わないだろうという見立てが多数だったのですが、蓋を開けてみれば堂々たる数字です。

ちなみに『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』は公開初日に8440万ドル、そして週末には1.92億ドルを稼ぎ全米歴代9位の大ヒットなっています。少なくとも先行上映の数字ではそれを上回っており、『バットマン vs スーパーマン』も週末には1.5〜1.9億ドルほどを稼ぐと予想されています。

公開前の予想値では良くて1.4億ドルと見積もられていたことからも、それを上回ることが確実視されておりワーナー・ブラザーズもホッとしていることでしょう。

またクリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト ライジング』は先行上映で3060万ドル、そして週末では1.6億ドルを稼いだことから、ザック・スナイダー監督による最新作がノーランを超えられるかが一つの焦点でもあります。

「腐ったトマト」では批評家筋から酷評されるも、観客からは7割を超える評価を得ている『バットマン vs スーパーマン』。ツッコミどころは数あれど、これまでにないスーパーヒーロー映画なのは間違いなく、是非とも劇場でご覧ください。

月曜日に発表されるランキングが楽しみです。

[pc] [ad#ad-pc] [/pc] [sp] [ad#ad-sp] [/sp] NewImage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です