全米Box Office(5/26-28):『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作がダントツの首位発進!

Pirates0055

5/26-28の全米Box Officeは『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』が6217万ドルのデビューで初登場首位!

5月最終月曜日に設定される戦没者悼記念日メモリアルデーを含んだ全米大型連休のBox Office(メモリアルデーは含まず)を制したのは、ジョニー・デップ主演の大人気シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』でした。

オープニング興収は6217万ドルとシリーズ全体ではブービーの成績ですが、中国での公開三日間の興収では、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』に次ぐ中国国内歴歴代3位となる6780万ドルを記録。ディズニーは中国でも圧倒的です。

ということで全世界のオープニング成績では2.7億ドルをすでに突破。さすがの人気シリーズですが本作の制作費は2.3億ドルと出費も盛大なので更に数字を上積みしたいところ。

『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』の日本公開は2017年7月1日です。

2位は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

先週と変わらず2位にランクインした『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は公開4週目でも1989万ドルの興収を記録。全米累計は3.33億ドルを突破し、全世界では7.83億ドルを記録する大ヒット。

これで興収的には前作を超えることに。

早くもシリーズ3作目に期待。

3位は初登場『Baywatch』

次回の米大統領選への挑戦が伝えられるドウェイン・ジョンソン主演の『Baywatch』は1810万ドルのデビューで初登場3位。

90年代に日本でも放映された米人気ドラマの映画リメイクでしたが、キャストの豪華さとは裏腹に平凡なスタートとなりました。

4位、『エイリアン:コヴェナント』

5位、『Everything, Everything』

6位、『Diary of a Wimpy Kid: The Long Haul』

7位、『Snatched』

8位、『キング・アーサー』

9位、『The Boss Baby』

10位、『美女と野獣』

参照:Box Office Mojo

ということで全米の映画館は夏真っ盛りに突入で8月頃まで毎週のように話題の大作映画が複数公開されていきます。今週末には『ワンダーウーマン』やドリームワークスの最新アニメ『Captain Underpants(スーパーヒーロー・パンツマン)』が公開。注目です。

<スポンサーリンク>

pirates0055.jpg