2019年公開『ゴジラ2』に渡辺謙も出演&公式あらすじが公開&東宝大怪獣戦争勃発決定!!

Godzilla ken watanabe image

2014年公開の『GODZILLA/ゴジラ』の続編『Godzilla: King of the Monsters.』の撮影が米アトランタで開始されたことを、製作するワーナー・ブラザーズとレジェンダリー・ピクチャーズがアナウンスしてくれました。

それに伴い公表されたプレスリリースには、『Godzilla: King of the Monsters.』こと『ゴジラ2(仮題)』の出演者リストや、公式あらすじも記載されており、ヴェラ・ファーミガやカイル・チャンドラーといった新キャストに加えて、前作で芹沢博士役を演じた渡辺謙の再登場も決定しました。

『ゴジラ2(仮題)』では前作の監督ギャレス・エドワーズは降板し、新監督には『クランプス 悪魔の儀式』マイケル・ドハティが就任し、脚本に関してもザック・シールズと共同で執筆。

そして出演は、『死霊館』ヴェラ・ファーミガ、『ウルフ・オブ・ウォールストリート」カイル・チャンドラー、そして『ストレンジャー・シングス』の子役ミリー・ボビー・ブラウンが中心キャラクターとして登場。

また前作から渡辺謙とサリー・ホーキンズが同役で再登場も決定。

他にも、ブラッドリー・ウィトフォード、トーマス・ミドルディッチ、チャールズ・ダンス、アイスキューブの息子オシェア・ジャクソン・Jr、アイシャ・ハインズ、そしてチャン・ツィイーらも出演決定。

柔軟織り交ぜた面白いキャスティングですね。

『ゴジラ2』の公式シノプシス

物語は怪獣王ゴジラがモスラ、ラドン、そして究極の敵である三つ首のキング・ギドラとの対決に直面した際の、巨大生物の研究を秘密裏に進める機関モナークのメンバーたちの英雄的行動を描く。太古から眠る神話的な超生物たちが再び目覚め、覇権争いを始めた時、人類の立場は危うい状況に陥ることになる。

ということでやっぱり東宝怪獣大戦争勃発です。人類最大の危機とはやはり怪獣でした。

最高ですね。

また『ゴジラ2』の撮影開始を祝って、2017年公開『キングコング:髑髏島の巨神』ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督が2014年『ゴジラ』監督ギャレス・エドワーズと髑髏島でのんびりする写真も公開。

「モンスターバース」内での監督間の連携も問題ないでしょう。

期待しずきて胸が痛くなる映画『ゴジラ2(仮題)』こと『Godzilla: King of the Monsters.』は2019年3月22日全米公開予定。

そしてその翌年にはゴジラとキングコングの激突。楽しみですね。

<スポンサーリンク>

godzilla-ken-watanabe-image.jpg